ハイジニーナVIO脱毛のメリット。痛い?痛くない?

ハイジニーナVIO脱毛のメリット「清潔だしモテる!!」

ハイジニーナとは、女性のデリケートゾーンの毛を全て処理しつるつるにした状態のことを指します。

日本では昔から女性のデリケートゾーンは毛が生えているのが普通でしたが、若い世代を中心にハイジニーナへの関心は高まっているようです。

今回はハイジニーナのメリットやハイジニーナを目指す脱毛のメリット。ハイジニーナに関するQ&A等。
ハイジニーナをテーマに詳しく解説していきます。

ハイジニーナVIO脱毛のメリット「清潔だしモテる!!」

ハイジニーナVIO脱毛のメリット「清潔だしモテる!!」

ハイジニーナにするメリットはたくさんあります。

♦メリット♦

  • 毛がなくなることで清潔、衛生的
  • 生理直前や生理中もムレづらくなる
  • かゆくなりづらくなる
  • 人によってはデリケートゾーンのニオイが改善
  • 大胆ビキニもはみ出す毛を心配しないで着られる
  • 恋人といちゃいちゃしているときに感度が上がる
  • 外国人にモテる
  • 日本人男性にもハイジニーナ肯定派が増えている

まず、ハイジニーナはデリケートゾーンの毛を全て処理するので衛生的です。

「デリケートゾーン」はデリケートだからデリケートゾーンと呼ばれています。常に下着と密着していてムレやすく、ムレるためにかゆみも発生しやすい箇所ですが、ハイジニーナになることでこれが驚くほど緩和されることがあります。

そして人によってはデリケートゾーンのニオイが緩和されます。
女性の中には「周りには言えないけどデリケートゾーンのニオイに悩んでいる」という方がとても多いです。
デリケートゾーン専用ソープも販売されていますが、まずハイジニーナにして通気性を良くすることで改善することも珍しくありません。

あとは、夏場にビキニからはみ出す毛がなくなり安心だったり、それから「感度が上がる」こともあったりするようです。

・・・というのも!恋人といちゃいちゃしているとき、さえぎる毛がない分、より刺激が伝わりやすく感度がアップすることが多いのだとか。

男性としても繋がっている部分が見えるのは興奮するという方がたくさんいるので、ハイジニーナを機に恋人とのラブラブ度が上がるかもしれません。

欧米と日本の違い!あそこに毛が生えていると外国人は引いてしまう!?

欧米と日本の違い!あそこに毛が生えていると外国人は引いてしまう!?

日本ではまだまだ「興味はあるけど本当にハイジニーナにするか迷う」と、迷いを生じてハイジニーナを「検討」する女性が中心です。
しかし、欧米では女性がハイジニーナにするのがエチケットで「普通のこと」という国が多いです。

ハイジニーナは「衛生的」という意味の外国語から登場した言葉。衛生的に、清潔にするのは当たり前のことなので、欧米人からすればハイジニーナにするかどうかはそもそも迷うことではありません。

ヨーロッパでは女の子が中学校に上がるときに、親がお祝いにハイジニーナ脱毛のチケットをプレゼントすることもあるのだとか。

そんな欧米人からすると、日本女性のデリケートゾーンに毛が生えているのは(文化の違いと理解をしても)びっくりしてしまうことです。
時には「何て不衛生なんだ・・・」という感想を抱く欧米人もいます。

デリケートゾーンの毛への考え方は文化の違いによるものなので、毛が生えているからダメということではありませんが、外国人の彼氏を作るかもしれない、外国人の友達を作るかもしれない方は、国際社会の基準に合わせてハイジニーナにしておいたほうが都合が良いかもしれません!

ハイジニーナVIO脱毛のデメリット「時には恥ずかしいかも?」

ハイジニーナVIO脱毛のデメリット「時には恥ずかしいかも?」

ハイジニーナ脱毛のデメリットは、日本文化の中ではまだまだ「珍しい」に該当することではないでしょうか。

欧米人からすると「Good」なハイジニーナも、毛が生えている文化からようやくハイジニーナに注目が集まっている日本の現時点では「ハイジニーナにしているの?珍しいね!どうして?」という感じの方が多いのが現実です。

ハイジニーナを他人に見せる機会等そうそうないかもしれませんが、時には珍しい扱いされる可能性があります。

施術は痛い?痛くない?「I」と「O」は痛みがあるかも?

施術は痛い?痛くない?「I」と「O」は痛みがあるかも?

日本でハイジニーナにするときに人気の方法は「サロン」か「クリニック」での、脱毛器を使用したスタイルの脱毛です。

このスタイルの脱毛は「毛周期」と呼ばれる毛の生えるサイクルに従い、脱毛器で素肌に光を照射。少しずつ毛を生やす細胞にダメージを与え、二度とムダ毛の生えないつるすべ肌を目指します。

・・・照射。

「何それ!怖い」と、考えてしまう方もいるかもしれませんね。

特にデリケートゾーンは粘膜に近い部分もあるので心配されやすいです。

しかし、痛みについては基本的にあまり心配しなくても大丈夫です。

光脱毛 温かさを感じ、一瞬輪ゴムではじいたかのような刺激を感じることがある。

「Iライン」「Oライン」は特に刺激に敏感な箇所なので、輪ゴムにはじかれた感覚が一瞬強まる可能性あり。

医療レーザー脱毛 光脱毛より刺激のリスクが高いとはいわれているものの、大抵の場合は輪ゴムではじいた感じ。

「Iライン」「Oライン」は照射した瞬間ヒリヒリと刺激を感じる可能性あり。

もちろん痛みの感じ方は個人差があるので一概にはいえませんが、施術時(脱毛器で照射しているとき)は上記のような感覚になりやすく、我慢できないような痛みを感じる方は滅多にいないようです。

その証拠にこれまで多くの脱毛の先輩たちがサロンやクリニックで脱毛を卒業してきました。
そして新しく通い始める脱毛新入生も増えて、今、脱毛はブームになっています。

もし、脱毛が我慢できないような痛みを伴う行為だったら、ここまでブームにはなっていないはずです。
「これから脱毛に通いたい」と考えている方も、安心してキレイへの道にチャレンジしましょう!

通いたいけどどうしても不安なときにはサロンやクリニックのスタッフに相談したり、トライアル体験をしているサロンやクリニックに行って脱毛がどんな感じなのか体験してみるのがおすすめです!

そもそもVIO脱毛とハイジニーナって同じ事なの?

そもそもVIO脱毛とハイジニーナって同じ事なの?

ハイジニーナをサロンやクリニックの脱毛で目指そうと、各サロンやクリニックの脱毛プランをチェックしてみると「ハイジニーナ脱毛」と表記されていたり「デリケートゾーン脱毛」と表記されていたり「VIO脱毛」と表記されていたり。
同じ箇所の脱毛のはずなのに脱毛名が違うことが多々ありますよね。

これは仮に脱毛名が違っても施術範囲が「デリケートゾーン」になっているなら、基本的に同じ脱毛(ハイジニーナを目指す脱毛)のことを指しています。

名称の違いは、例えば「チョコレート」とを購入するときと同じ。
「チョコレート」ということは同じでも、メーカーによって商品名が違います。あれと同じ感覚で脱毛の「商品名」の違いとなります。

♦各サロン・クリニックのハイジニーナ脱毛の表記♦

  • 「ハイジニーナ脱毛」
  • 「VIO脱毛(VIOセットという表記になるところもあり)」
  • 「デリケートゾーン脱毛」等・・・

ちなみに、デリケートゾーンの総称として用いられることが多い「VIO」とは「Vライン」「Iライン」「Oライン」のことです。

Vライン デリケートゾーンの逆三角形のゾーンを指す(トライアングルと表記される場合もあり)
Iライン  デリケートゾーンの縦のライン(粘膜付近)を指す。
Oライン 肛門周辺のラインのことを指す。見えないけど実は意外と毛が生えているケースあり!!

デリケートゾーンの脱毛はセットで提供しているサロンやクリニックが多いですが、セットプランの他に1箇所から選べる脱毛でも提供されていることがあります。

「Vライン」だけ「Iラインだけ」といった選択をできる、1箇所から選べる脱毛ですが、VIOはセットで脱毛するプランが一般的です。

ハイジニーナ=デリケートゾーン(VIO)の全ての毛を処理している状態のこと。
そして、ハイジニーナ=VIO脱毛という意味でもあります。

ただし、日本では先に触れた通りデリケートゾーンの毛を処理する文化は元々なかったこともあり、日本のサロン、クリニックでは「ハイジニーナ脱毛」というメニュー内容だったとしても、「どこまで毛を無くすのか」完成形を選択することができます。

完全にデリケートゾーンの毛を無くすのは嫌という派は、「毛を全部処理したくない。一部残したい」と事前に伝えれば対応してもらえます。

完全にハイジニーナにするのと形を残して綺麗にするのはどちらがおすすめか

完全にハイジニーナにするのと形を残して綺麗にするのはどちらがおすすめか

これからデリケートゾーンをサロンかクリニックで脱毛するとして、「完全につるつるのハイジニーナ」と、整える程度だったり、少し毛を残したりといった「完全ハイジニーナではない」状態なら。どちらが良いのかというと・・・

極論をいえば好み次第ですが、おすすめは「完全につるつるのハイジニーナ」です!!

ハイジニーナのメリットを存分に活かすにはやはり「完全につるつるのハイジニーナ」が一番適しています。

また、中途半端に毛を残すよりは全て無くしてしまうほうが、だんだんとすっきり感じやすいはずです。

現在、デリケートゾーンの毛を自己処理はしていないという方だと、毛をほとんどいじったことがない分「無くすということに不安」を感じやすいです。
しかし、慣れれば案外平気というか、むしろ快適と感じる方が多いです。

よほど抵抗がある場合を除いて基本的には「完全につるつるのハイジニーナ」の方向で検討するのがおすすめです。

デリケートゾーンの脱毛後のデザインや形についてはサロンやクリニックでも事前に相談することができます。

ちなみに現在恋人がいる方は脱毛を始める前に相手にも軽く相談しておくようにしましょう。
男性にも「完全につるつるのハイジニーナ」肯定派は増えていて、男性自身も喜ぶことは珍しくありませんが、ただし、事前に伝えておくのが無難です。

いつも通りにいちゃいちゃしているときに、毛が無くなっていることに初めて気付くとびっくりしてしまう男性もいるからです。

ハイジニーナ脱毛の回数ごとにどのくらいの効果があり、何回くらい通うべき?

ハイジニーナ脱毛の回数ごとにどのくらいの効果があり、何回くらい通うべき?

ハイジニーナを目指す脱毛で、サロンやクリニックの脱毛器を使用した脱毛を選択する場合、通う期間の目安はこちらです。

脱毛する場所 期間 回数
サロン(光脱毛) 1年半~3年 10~18回くらい
クリニック(医療レーザー脱毛) 10ヵ月~1年半の間 5回~8回

サロンやクリニックの脱毛器を使用した脱毛は、毛周期と呼ばれる毛の生えるサイクルに合わせて通うところが多いです。

この毛周期は個人差はあるものの2~3ヵ月のサイクルで一周します。

そのため、サロンやクリニックでは2~3ヵ月に1回のペース(だいたい2ヵ月に1回)で通うスケジュールになるところが一般的です(※そうではないところもたまにあります)

クリニックは医療行為として脱毛ができることから施術時の照射威力も強く、基本的にサロン(医療行為はできない)より早く、そして回数少なく脱毛を卒業できます。

通うペースは毛周期に合わせて同じでも、通う回数にそもそも違いがあるのでサロンとクリニックの脱毛卒業までの目安は違います。

早くハイジニーナになりたい方はクリニックの選択がおすすめです。

ハイジニーナになる方法と費用

ハイジニーナになる方法と費用

ハイジニーナになる方法は、実は1つだけではなくいくつか種類があります。

続いてはハイジニーナになれる方法と、各方法の費用面について触れていきます。

「光脱毛(サロン)」「医療レーザー脱毛(クリニック)」

「光脱毛(サロン)」「医療レーザー脱毛(クリニック)」

ここまでご紹介している方法はサロンとクリニックです。

サロンは光脱毛を、クリニックは医療レーザー脱毛という名称の脱毛を提供しますが、脱毛器を使用し光を照射して脱毛を進めるという仕組みと内容自体は共通しています。

ただし、先ほども触れた通り基本的にクリニックのほうが通う回数が少なく脱毛卒業までの期間が短く、サロンのほうが脱毛卒業までの期間は長くなりやすいです。

クリニックはその分、医師が在籍していたり有資格者しか施術できなかったりと条件が細かく、それによりどういうことが起こるかというと「サロンよりも脱毛料金の相場は上がりやすい」という感じです。

ハイジニーナ脱毛を卒業するまで、サロンは8万円~20万円(選ぶサロンによります)というところですが、クリニックなら12万円くらい~となります。

ただし、脱毛ブームでどんどん状況は変わってきて、10万円以下で脱毛を卒業できるクリニックも登場しているので、完全に「選び方次第」になっている感じも否めません。

ブラジリアンワックスサロン

ブラジリアンワックスサロン

続いては、サロンはサロンでも、光脱毛のサロンではなく「ブラジリアンワックス」のサロンです。

ブラジリアンワックスとは、砂糖やはちみつ等のお肌に優しい自然の素材で作ったワックスをデリケートゾーンに塗って、その上に専用のペーパーを貼り付けて一気にビリッと剥がしてデリケートゾーンの毛を引っこ抜くという脱毛(除毛)方法です。

日本ではむしろ脱毛器を使用した脱毛のほうが有名ですが、欧米含めた世界中でお決まりの方法はブラジリアンワックスのほうだといえます。

なんと、1000年以上前からブラジリアンワックスはあったといわれています。

脱毛手順はちょっと怖い感じもありますが、やってみるとワックスの効果でお肌がつるつるもちもちになります。

欧米系の女性はデリケートゾーンの毛の色が薄く(金色だったり茶色だったり髪の色次第)毛自体もアジア人より薄めなので、しっかり脱毛を目指す脱毛器を使用した脱毛より、ブラジリアンワックスのほうを好む方もいます。

日本人は毛が黒い方がほとんどなので、しっかり黒い毛をキャッチして脱毛できる脱毛器を使用した脱毛のほうが都合が良いですが、ブラジリアンワックスサロンも、都市部なら探せばあります。

また、自分でブラジリアンワックスを購入して自宅で行う方もいます。

費用は、ブラジリアンワックス「サロン」ならデリケートゾーン1回あたり5,000円~7,000円。
自宅で自分の手で行うならブラジリアンワックス購入費だけ必要。だいたい2回分で2,000円~4,000円くらいです。

ブラジリアンワックスの注意点は、脱毛器を使用した脱毛では「脱毛期間終了後にもう毛が生えてこない状態」を目指しているのに対し、ブラジリアンワックスはあくまでも都度のお手入れ(除毛)だということです。

除毛しても根本の毛を生やす細胞にアプローチしているわけではないのでまた生えてきます。つまり、都度(1~3ヵ月に1回のペース)お手入れが必要な方法となります。

【セルフ】除毛クリーム

【セルフ】除毛クリーム

除毛クリームはブラジリアンワックスに近いですが、ペーパーを使い剥がす必要がなくお風呂場で塗って決められた時間放置してシャワーで流すという流れが手順になります。

海外セレブご用達の除毛クリームなんかもあるようで、欧米では何だかんだまだまだお手入れはブラジリアンワックスや除毛クリーム優勢なことがわかります。

除毛クリームは商品により価格には雲泥の差があります。
安いものなら800円くらいから購入できますが、高いものなら8,000円くらいになる場合もあります。

【セルフ】剃刀やデリケートゾーン対応電気シェーバー

【セルフ】剃刀やデリケートゾーン対応電気シェーバー

日本では自己処理を選択する方も、ブラジリアンワックスや除毛クリームよりももっと直接、カミソリで剃っちゃうという方が多いです。文化の違いっておもしろいですよね。

腕や足はカミソリを使用してお風呂場で自己処理するのが便利ではありますが、デリケートゾーンにカミソリは要注意。
衛生面が心配ということだけではなく、日本人のデリケートゾーンの毛は基本的に濃くて太いことから、カミソリで剃っても根本の固い毛を剃り切れずに残ってしまって、チクチクしてしまいます。

見栄え的にも触感的にもデリケートゾーンにカミソリはよろしくないです・・・。

剃って処理したいなら、電気シェーバーのほうが向いています。
電気シェーバーの中にはデリケートゾーン対応となっているものがあるので、そちらを購入して電動で優しく自己処理。そのほうが見栄えも触感も良いです。

カミソリは数百円~
電気シェーバーはデリケートゾーンに対応しているもので1本3,000円~5,000円くらいです。

サロンやクリニックVS自己処理ならどちらが良い?

サロンやクリニックVS自己処理ならどちらが良い?

ここまでハイジニーナにできる方法についてご紹介しました。

♦プロに任せて行うハイジニーナ脱毛♦

  • サロン(光脱毛)
  • クリニック(医療レーザー脱毛)
  • ブラジリアンワックス脱毛

♦自己処理♦

  • ブラジリアンワックス(※ワックスのみ購入して自宅で対応)
  • カミソリ
  • 電気シェーバー

本気でハイジニーナを目指すならプロに任せてしまうほうが良いです。
効率良く、キレイな仕上がりになります。

自己処理は、自己処理が得意でとにかくプロ並みに上手くできるという方なら良いですが、個人で行うよりプロのほうが安心かつキレイにできるのが自然です。

プロに任せるとその分お金(費用)はかかってきますが、美しさのためにはプロに任せるようにしましょう。

ハイジニーナにする手段で費用は変わる

ハイジニーナにする手段で費用は変わる

ハイジニーナにする手段ごとの費用面を再確認していきましょう。

ハイジニーナにする場所 必要な費用
サロン(光脱毛) 8万円~20万円

選ぶサロンによる/脱毛卒業までの総額

クリニック(医療レーザー脱毛) 12万円前後~

選ぶサロンによる/脱毛卒業までの総額

【サロン】ブラジリアンワックス脱毛 1回5,000円~7,000円

※継続して通い続けなければいけない。

【自己処理】ブラジリアンワックス(セルフ) 1個2,000円~4,000円

※継続してお手入れ必須

【自己処理】カミソリ 数百円
【自己処理】電気シェーバー 3,000円~5,000円

総額でみると高額なのは脱毛器を使用した脱毛ですが、この方法は終わりがある=毛が生えなくなり通わなくてよくなると考えると、長い目でみてリーズナブルともいえます。

他の方法は継続してのお手入れが必要で終わりがないからです。

ハイジニーナVIO脱毛Q&A

ハイジニーナVIO脱毛Q&A

ハイジニーナについて詳しく触れてきました。

続いては、ハイジニーナの気になるQ&Aを確認していきましょう。

「男ウケ」は良い?それとも引かれる?

「男ウケ」は良い?それとも引かれる?

♦ハイジニーナは好き?(30人アンケート)♦

YES 24人
NO 6人

——————————————————————————————–

♦ハイジニーナ肯定派男子の意見♦
「見た目が美しいし、彼女がこれだとつい触りたくなる」

「前に付き合った女の子がアソコの匂いがキツくて別れを考えるほどだったけど、全身脱毛に通い始めてハイジニーナになったら匂いが無くなった。それ以来ハイジニーナ最高だと思っています」

「毛があるとグロテスク。ないほうが美しいと思う」

「まずビジュアルがいいし、セクシーだし、恋人がハイジニーナならもっと愛してしまう」

——————————————————————————————–

♦ハイジニーナ否定派男子の意見♦

「男は毛がないの好きな奴が多いから、男のためにやったのかなって思うかもしれない。もしこれから付き合う彼女のあれに毛がなかったら俺と付き合う前は遊んでいたのかなって感じて不安になるかも」

「個人的には毛があるほうが生々しくてセクシーだと思う」

——————————————————————————————–

全体的にみれば「男ウケは良い」といえますが、一部ハイジニーナに否定的な意見もありました。

ハイジニーナが美しく見えるという考えは多くの男性で共通しているようですが、「ハイジニーナは男ウケがいいから心配」「遊んでるのかなと思う」という意見もありました。

まだまだ日本の女の子でハイジニーナにしている子が少ないという証拠でもあります。

恋人がいる方は脱毛を始める前に伝えておけばびっくりさせることはありません。

全体でみると男ウケが良いのでモテたい方はハイジニーナ要注目です!

温泉で恥ずかしい?

温泉で恥ずかしい?

女性しかいない温泉でも、みんなのデリケートゾーンに毛が生えていると周りからはハイジニーナが珍しく見えます。

珍しくてもじろじろ見てくるような人はいないはずですが、不安なときは湯舟に入るときまで浴室内の移動は小さいタオルで隠すと良いです。

恥ずかしがる必要はありません!だって本来ハイジニーナのほうが衛生的なので、ハイジニーナの女性=美意識が高いです。

婦人科の診察は恥ずかしい?

婦人科の診察は恥ずかしい?

婦人科検診のとき、女性の検診はデリケートゾーンをみられる内容のものもあります。

ハイジニーナだと恥ずかしいかというと、そのようなことはありません。

他人のデリケートゾーンを見慣れている医師や看護師さんはハイジニーナだろうが逆に毛がたくさん生えていようが、女性のデリケートゾーンをみても、もはや何も思わなくなっています。

検診を受けるときにも一切気にしなくて大丈夫です。

ハイジニーナVIO脱毛できるサロン

ハイジニーナVIO脱毛できるサロン

これから本気でハイジニーナにしたいなら脱毛器を使用した脱毛がおすすめです。

ということで!続いてはハイジニーナにできるサロンとクリニックの中でおすすめのところをご紹介していきます。まずは、光脱毛を提供しているサロンから、人気で知名度の高いところをご紹介します。

やっぱりミュゼでハイジニーナ脱毛

やっぱりミュゼでハイジニーナ脱毛

サロンの中でも有名で人気のところの1つといえば「ミュゼ」です。ミュゼは全身脱毛だけではなく、部分脱毛のレパートリーの多さも人気です。

ミュゼのハイジニーナ脱毛でおすすめは「ハイジニーナ7 VIO脱毛コース」です。

このコースの施術範囲はこちら。

  • トライアングル上
  • トライアングル下
  • Iライン
  • ヒップ奥(Oラインのこと)
  • へそ下
  • Vライン上
  • Vライン

合計7つの箇所の脱毛をセットで行います。

デリケートゾーンを従来の「VIO」という3つの分け方ではなく、一番面積の広いVラインの範囲を「トライアングル上」「トライアングル下」「Vライン上」「Vライン」と、細かく分類しているのが特徴です。

さらにへそ下というデリケートゾーンからちょっと飛び出たところまで施術範囲なので、デリケートゾーン周辺をまとめてお手入れ可能です。

♦ミュゼの「ハイジニーナ7 VIO脱毛コース」料金♦

プラン名 6回の料金 アプリDL後の6回の料金
デイプラン

※平日の日中のみ通えるプラン 

90,000円 45,000円
レギュラープラン 

※いつでも好きな時間に通えるプラン

108,000円 54,000円

ミュゼの料金は平日の日中通える方にはけっこうお得です。
また、公式アプリをダウンロードすることで料金が半額になるので見逃せません。

ミュゼはサロン=通う回数は基本的にクリニックより多くなりますが、料金がリーズナブルなのでとても魅力的です。

ストラッシュでのハイジニーナ脱毛は美白効果も

ストラッシュでのハイジニーナ脱毛は美白効果も

ストラッシュは注目度上昇中のサロンです。

ストラッシュの凄いところは、毛周期に合わせて通わなくても最短2週間に1回のペースで通えて、サロンなのに最短6ヵ月で卒業を目指せることです。

サロンの常識を打ち破っているといえます。

ストラッシュはお肌のケアにもこだわっています。
塗布するジェルに含まれる美肌成分とマシンの光により毛穴を目立たなくさせ、肌をワントーン明るくツヤを出し、透明感を引き出すことを売りとしています。

つまり、ハイジニーナにしたいだけではなく美肌を目指したい方にも、ストラッシュは向いているといえます。

ストラッシュには様々な魅力的要素があり全身脱毛プランが人気ですが、もしこれから「部分脱毛プラン」としてハイジニーナを目指すなら。「ハイジニーナの専用プラン」ではなく、Sパーツ向けの部分脱毛プランを選択する必要があります。

Sパーツ向けの部分脱毛プランは、12回で32,010円となります。

ストラッシュの分類の仕方でデリケートゾーンに該当するパーツは「Vライン」「V上」「V下」「Iライン」「Oライン」の合計5箇所です。※こちらは全てSパーツです。

つまりSパーツ×5箇所で、デリケートゾーンの範囲をカバーできるということ。

12回で32,010円・・・ということはだいたいこの範囲を2回分通って32,010円ということです。

通う回数6回通おうと思ったら12回×3回は必要です。

12回×3回=96,030円という計算になります。
(Sパーツ5箇所なので正式には7回通えることになります)

キレイモではハイジニーナのみの脱毛はない?

キレイモではハイジニーナのみの脱毛はない?

全身脱毛専門サロンのキレイモでは、ハイジニーナのみの脱毛プランはありません。

キレイモは全身脱毛の範囲でハイジニーナを脱毛したい方におすすめのサロンです。

キレイモの魅力は毎回の施術後に使用するジェルの効果でスリムアップに期待できることです。ジェルにはハナショウガエキスとカフェインが配合されていて引き締め効果に期待できます。

ムダ毛のないつるすべ肌を目指しつつ、ボディの引き締めにも期待できるなんて嬉しいですよね。
美容エステサロン感覚で通うことができます。

キレイモの場合は全身脱毛プランのみということで、ハイジニーナも含めて全身対応する分、料金は上がりますが全身脱毛プランの基準でみてもリーズナブルな印象です。

回数パックプラン 料金
6回 114,000円
12回 212,040円

全身脱毛派におすすめです。

ハイジニーナVIO脱毛できるクリニック

ハイジニーナVIO脱毛できるクリニック

続いては、ハイジニーナ脱毛ができるおすすめのクリニックをご紹介します。

湘南美容外科のハイジ二―ナ脱毛は1 回のお試しがある

湘南美容外科のハイジ二―ナ脱毛は1 回のお試しがある

湘南美容外科といえば全国展開の有名クリニックです。

1人1人に丁寧なカウンセリングを行っていて、スムーズな脱毛を目指せます。
そんな湘南美容外科のVIO脱毛は、クリニックなのに料金がリーズナブルなことが魅力です!

6回コースで58,000円!!

学割やトライアル等のキャンペーン系も取り扱いが多いので、「お得にクリニックでハイジニーナ脱毛を始めたい」「医療機関ってなんだか固い感じがするからカジュアルなところに通いたい」という方はぜひ、注目してみてくださいね!

アリシアクリニックはケア用品プレゼント

アリシアクリニックはケア用品プレゼント

CMでもお馴染みの有名クリニックです。

アリシアクリニックのハイジニーナ脱毛は、完全につるつるにしたい方向けの「VIO脱毛セット スムース」と、毛を一部残したい方向けの「VIO脱毛セット ビューティ」から選択できます。

アリシアクリニックは医療レーザー脱毛で、快適かつスムーズな脱毛を目指していきます。

院内全体の雰囲気はクリニックとサロンの中間のような、おしゃれで美容面に強い感じです。なんと嬉しいことにケアアイテムを付けて自宅でのセルフケアもサポートしてくれます!!

美肌を目指したい方必見です。

♦アリシアクリニックのケアアイテム!♦

セブンハーバルローション 7種の天然ハーブなど、クリニックがおすすめする有効成分を配合。

高い保湿効果でたっぷり潤います。
肌荒れしにくい健康的な素肌をサポート!

スキンピールバー 肌の生まれ変わりをサポートするピーリング石けん。

メレンゲのようなきめ細かい泡で肌表面の古い角質や毛穴の汚れ、過剰な皮脂を優しく洗い流します。
ツルツルでくすみのない肌へ。

気になるアリシアクリニックの料金はこちら。

♦アリシアクリニックのハイジニーナ料金♦

セット名 5回 8回 脱毛し放題
VIO脱毛セット スムース 85,900円 123,760円 165,000円
VIO脱毛セット ビューティ 61,900円 92,880円 118,800円

料金でいえば「ビューティー」のほうが安いですが、完全につるつるのハイジニーナを目指すなら「スムース」を選択しましょう。

脱毛を提供しているクリニックは数あれど、アリシアクリニックのように「脱毛し放題」を選択できるところは珍しいです。
永久脱毛を目指したい方は「脱毛し放題」を選択すると安心です。

リゼクリニックは3種類の機械を導入中

リゼクリニックは3種類の機械を導入中-31

リゼクリニックでは、3種類の脱毛器を導入しています。
個人の肌質や毛質に合わせて最適な脱毛器を使い分け、ベストな脱毛をプランニングしていきます。

肌荒れしやすかったり、脱毛にあたり不安な点がある方はリゼクリニックに相談してみると、脱毛器の選択もできるので良いのではないでしょうか。

リゼクリニックのVIO脱毛は5回コース99,800円です。

ハイジニーナVIO脱毛するなら「サロン」か「クリニック」!

ハイジニーナVIO脱毛するなら「サロン」か「クリニック」!

改めて、サロンとクリニックの特徴の違いをみていきましょう。

サロン 光脱毛 ・痛みのリスクは医療レーザー脱毛より低め

・基本的に医療レーザー脱毛より通う期間は長め(1年半~3年目安)

・気軽に通えるところが多い

・クリニックより料金は安く設定されているところが多い(※お店による)

・全国展開のサロンも多いので引越し時も安心

・エステ感覚で通いやすい

クリニック 医療レーザー脱毛 ・痛みのリスクは光脱毛よりは高め

・通う期間は短い(10ヵ月~1年半目安)

・永久脱毛を目指しやすい

・医師が在籍していて安心

ハイジニーナを目指すなら、サロンかクリニックがおすすめです!

まずは気軽にサロンやクリニックの無料カウンセリングを受けてみましょう。

「まとめ」ハイジニーナになって清潔になろう!

今回の記事では、ハイジニーナをテーマに詳しくご紹介しました。

ハイジニーナは衛生的で見栄えも良く、ムレづらく快適に過ごしやすくなります。

興味がある方はサロンやクリニックで脱毛を開始して、ハイジニーナを目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です